ディオールの漆黒と輝きを融合させた腕時計

ディオールから発表された Dior VIII グランド バルという腕時計を見て、ディオールの腕時計の進化に驚いた方も多いのではないのでしょうか。

ディオールというブランド自体はアパレルやバッグや財布などの いわば、アパレル関係を全般に展開させているオールアラウンダーなブランドであることから 腕時計のクオリティーに関しては、あまり期待をしていなかった人々の感心をぐっとひきつけるモデルになったのではないのかと思います。

漆黒。

という言葉がピッタリな 光と異彩を放つ真っ黒なグランド バル。

漆黒にちりばめられ、配列されたダイヤモンドは その闇の中からこそ魅せる輝きが ダークなプラネタリウムを連想させます。

計算されつくされている。

という印象をうけたのが正直なところではないのでしょうか。

このデザイン力は 時計だけではなく、服飾や宝飾などを 全般に扱うディオールだからこそ行き着いた孤高の高みではないかとすら 突き放されるほどの勢いを感じさせます。

ベルト部分が まるでロックのビョウのようなエッジとハードさも ファッションの最先端と常にトレンドの一歩先を行く革新的でありたい。

というディオールの信念を飲み込みざるをえないスタイリッシュかつエッジーな表現力がセンスを貫き通しています。

ダイヤモンド ヘッドと呼ばれているベルト部分はブレスレットとも認識されていて、アクセントとしての優秀さは カジュアルであってもフォーマルであっても異色を放つ一本です。

コチラのウォッチファンではディオールだけでなくシャネル買取なども行っていますので興味があれば見てみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>